銀行カードローンの融資を受けるための審査

銀行カードローン審査を通過するには

カードローンの融資を受けるにはまず審査を通らなくてはいけません。一般的に消費者金融系カードローンでは柔軟な審査に対して、銀行カードローンは審査が厳しいといわれています。いくら低金利で自分に便利な金融機関でも審査に通らないと融資を受けることはできません。できたら低金利の銀行で借りたいけど、カードローンおすすめ審査に受かる人は少ないといわれているしどうしたらいいのだろう?と思うっている方。銀行の審査を通過するにはふたつのポイントがあります。一つには当人の「属性」です。カードローンとは無担保ローンなので個人への信頼が重要になってきます。その際の判断基準となるのが属性、つまり年齢や職業、勤続年数などです。これらのチェックをして総合点数を決め借入限度額を決める銀行もあります。銀行側が見たいのはその人に返済能力があるかどうか、また返済能力があるならどの程度のなのかといった点です。例えば職種ならサラリーマンより公務員の方が評価が高いといえます。勤続年数は長ければ長いほどよいと言えるでしょう。そのようにその人属性が審査の基準となります。それに考慮されるのが個人信用情報です。これは属性よりも重要です。これには現在の借入状況や過去の利用履歴が記されていて、クレジットカードの遅延であってもすぐにわかってしまいます。ここにカード支払いの延滞や金融事故の記録が残っていると不利になります。

なぜそんなに厳しい?銀行カードローン

銀行は保証会社が付いているため、審査の際には保証会社と銀行の二つの関門を通らなくてはいけません。そのどちらかでひっかると融資を受けられないので審査が厳しくなるのです。